読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

相手へのGiveをせずに奪い取っていませんか

f:id:sikesike1112:20161225192815j:plain

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

3連休があっという間に終わりそうですね。今年もあと少しで終わってしまうと思うと、時間がたつ早さを感じます。

 

皆さん、私の会社の尊敬する方から紹介をしてもらったのですが、下記の本をご存知でしょうか。

「Give & Take」という本です。

 

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 

 

本をすでに読んだことがある方はいらっしゃるかもしれません。

3種類の人間がいると書かれています。

 

・ギバー:他人中心。相手の利益を考え、受けとる以上に与えようとする

・テイカー:自分中心。与えるより多くを受けとろうとする

・マッチャ―:損得のバランス、ギブ・アンド・テイク重視

 

この本では、テイカーの人に対しては非常に辛辣に批判するのですが、自分がまさにそういった状態になっている時があります。

仕事上で数字が足りない時に何とかして数字をとるようにしていた時です。

矢印が自分向きになっているんですよね。会社でこのタイプの人が多くいます。

 

あなたは、テイカーになっていないか

=====================

 

自分の事しか考えていないんですよね。

なぜ、こういった状態になってしまうかというと「圧力」が出てくるからだと思います。

例えば、結果を出せないと周りから冷たい視線で見られる。なので、何とか数字を作ろうようにする。

 

こういった行為というのも一つの要因でしょう。こんな状態のときに相手にGiveするという行為は難しいでしょう。

 

ギバーとテイカーの違いは、何といってもメンタル面が影響しているんですよね。

自己否定したり、相手と比較ばかりしている人は結局成功しません。

理由は、私なんて恵まれていないって思っていると、既に被害的な妄想が強い傾向にあります。

なので、奪うだけ奪って、何も感謝せずに文句ばかり言っています。

本当は、メンタルから根本的に見直していく必要がありますね。

 

ギバーになる必要があるのか?

================ 

 

私自身、ギバーになれ!!と言いたいわけではありません。

ここで、重要なのが、相手のために行動出来るということは、将来的な「結果」につながります。

 

相手のために行動できるかどうかという点が非常に重要です。

これは、相手と話してどういったことに悩みや課題を感じているかを察知する必要があります。

その悩みが、本当のボトルネックかどうかを見極めてあげるのが、我々の役目であったほうが良いです。

 

それを解決してあげるための手助けを行うことで、それが相手に取ってのGiveになりえます。

 

組織においても、共通の悩みやモヤモヤしている点があります。

この質問は、営業さんから何度も聞かれたりするなぁといわれること無いでしょうか。

その質問に関するテンプレを用意しておくことで、一発即答ができますよね。

それをポータルに乗せたり、営業さんのチームに展開することでGive出来ますよね。

 

普段の気づきについても、何の気なしに答えを出して終わりではありません。

一つ、上の行動をして何が得られるのかという点を考えてやってみましょう!

 

まとめ

=======

私の会社ではテイカーの存在が多くて、自分もついついテイカーになっている状態になっておりました。

特に金額面での交渉に関しては、こういったFor meの状態になることが多くなると感じます。

相手に売るというときは、相手が価値があるかどうかを判断するためのメリットを提示する必要がありますよね。

なので、皆様もGiveするという点を念頭に置いてからやってみてください。

 

明日への一歩

========

一つ、相手に取ってのGiveをしてみましょう。

来年の計画はまた失敗しますか?

f:id:sikesike1112:20161224200644j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

今日は、クリスマスイブの中わたしがやってきた事は以下のようなことです。

身体中が痛かったので、朝からマッサージを受けることにしました。

 

タイ古式マッサージを受ける」

「いきなりステーキを食べる」

「タイピング練習、、笑」

「君の名はを観る」

「ブログ記事を書く」

 

全くいつもと変わらない生活をしています。世間は、どうなんでしょうか。家の近くのスターバックスはガラガラ

なのかなーと思いきや、いつもと変わらない人数の多さで正直びっくりしています。

受験前なので、勉強している高校生が多い印象がありますね。

意外と普段と変わらない生活を送っている人も多い印象ですね。銀座あたりは混んでいそうですねー。

 

君の名はをとうとう観てきました。感動の作品という前評判の中観たのですが、個人的には、感動の作品という感じではなったですね。面白かったですけどね。映画では、泣くときは泣くんですけどね。

 

昨日は、計画について学んでいく機会があったので、非常に勉強になりました。

ちょうど、季節がら来年の目標を立てたりする時期ですよね。手帳を買った。計画という言葉がたくさん出ています。

私自身、計画を立てるのが非常に苦手です。

 

何度も何度も計画を作ってはうまく行かないとい状況に陥っていました。

結局、計画を作らず行動ばかり起こしていました。失敗してしまう典型なんですよね。

目の前の事ばかりに集中して7つの習慣でいえば「緊急でないけど重要なこと」を疎かにしていました。

 

何が問題であるかを昨日学んだ結果をシェアする形で書いてみます。

 

0)計画は立てて終わりではない

1)積み上げ思考の状態になっている

2)完璧主義

 

 

0)計画は立てて終わりではない

計画を立てて終わりではありません。基本の考え方は、計画は崩れるものです。

なので、計画を立てた後に見直す必要があります。

 

例、毎日ブログを書いて年末まで100記事を達成する

 

ある時、飲み会があってどうしても書くモチベーションが上がらなかった。

こういった障害が出てきます。なので、計画を立てた後に見直す必要があります。12月は、仕事が追い込み時期なので

遅れたりなど想定外のリスクがあります。

なので、チェックポイントを立てる必要があります。

 

・遅れがないか

・計画を達成するために重要なことは何か

・概要を詳細に落とし込む

・月、週、日で見直す

 

1)積み上げ思考の状態になっている

目の前のことにばかり集中して、ゴールから逆算ができていない事が多いです。

そのゴールに向かう際に障害やリスクが想定されていないことが多いです。

ゴールがあった際に、それを達成するために何が問題や障害となるかを把握してそれを見込んで計画が立てる必要があります。

 

月に120キロ走るので、毎日、5キロ走るという目標があります。

 

例えば、初日に5キロ走ったら次の日がものすごい筋肉痛でモチベーションが上がらないといったことがあり得ます。

雨の日は、走る気が起きない。

風邪をひいてしまった時など。

 

様々な障害やリスクが考えられますので、その点の対策を明確にして作ったほうが良いです。

 

ほかには、具体的な数字や目標を明確にしてください。

WOOPの法則という目標達成の本がありますのでその本を参考にしてみてください。

 

 

2)完璧主義

計画を綿密に完璧に作ってしまうことです。気楽に計画を作って、見直しを重点的に行いましょう。

計画は崩れていくものであるので、その点は強く意識してください。

理由は、計画が崩れると「また失敗しちゃった」という気持ちが出て積み上げの考えになってしまいます。

そこで、止まる確率が高いです。私自身もこの考えが強くありました。

 

ここで、見直しを重点的に置くことで計画のスリップと自分の力量が測れます。

 

完璧主義に陥らないことを大前提にしてください。

 

 

まとめ

=====

年の瀬なので来年の計画を作ろう!という人が多いのではないでしょうか。私は、数年前からそのチャレンジをあきらめていました。しかし、心機一転で今年から計画を立ててみようかと思います。

これも、逆算思考が重要なのでそれを達成するための練習と思っています。みなさんも、来年の計画と今年のやり残しを残りの日でやっったりませんか?

 

明日への一歩

=======

まずは、上記を踏まえて計画を作成してみましょう。

完璧主義の罠

f:id:sikesike1112:20161110210115j:plain

 

少し更新さぼっていました。。

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

スムーズにBlogを作るにあたって時間がかかる人がいます。

Blogを一記事書くのに、3時間かかる人もいれば、毎日を30分で書ける人がいます。

その違いに関しては、何が要因であるのでしょうか?

 

もちろん、メンタル的な部分も作用していますが、何よりも完璧主義という考え方が頭の中にいます。

 

職人気質の方は、100点満点を常に目指すようにしています。

これはある意味正しいのですが、我々はやりたいことがたくさんあり、時間も限られている状況だと思います。

時間があるようであれば問題ないのですが、たいていの人は、時間がないのです。

 

なので、80点ぐらいを目指すようにして、時間を有効に使うようにしてください。

 

これは、過去の経験でもそうなのですが、資料をレビューをするという行為がありますが

上司に向けて一生懸命準備をして資料を出したとして、「全然だめ!」と言われた記憶がありませんか。

100点満点の資料と思っていても、相手にとっては、30点の可能性があります。

なので、それ以降は、こまめに進捗を共有して相手の期待値と異なっていないかをチェックしています。

 

こういった経験がありますが、ついつい普段の仕事でも完璧主義でやる人が多い気がします。

 

 

なぜ、完璧主義をなくしたほうが良いのか。起業家や副業をやっている人は、時間がないというのが一番の課題です。

なので、スピードが命です。しかも、コンテンツを作るだけではなく、セールスしたり、セミナーをやったりしています。ですので、時間は確実にないからです。

 

100点を目指すと細かい点まで気になってしまいます。そうすることで時間を多く浪費してしまいます。

なので、提出もギリギリになってしまいます。

私の会社の仕事でエンジニアの人が、1週間後に連絡しますと書いてたのですが、1週間後に現象が再現しないので

分かりませんでした。という内容を書いていました。

見る限り、30分もあれば確認できる点を1週間かけて対応して分かりませんでした。という内容を書いていたので

損をしているなぁと非常に思いました。

 

 

では、どこを目指すのかというところで

合格点を目指しましょう。合格点がわからないという人は、期限を区切ってやりましょう。

 

・タスクに分割しましょう

・必要時間の見積もりを立てましょう

・時間制限を設けましょう

 

上記を実施することでスピードの向上と質を上げるために時間内で対応ができます。

相手への信頼感も高くなりますので、自分の仕事にかかる見積もりも出来ること可能です。

メンタル面でも精神的にも気楽に作れることができます。

 

なぜここまでやる必要があるのか?

 

時間の期限を切って対応する癖をつけたほうが良いからです。この癖がつくと考える時間が短縮されて

時間短縮につながるからです。もう一つは、仕事の処理能力が高くなり、安定的にパフォーマンスを出すことができます。

相手への信頼感も高まります。そういったことで、自分が信頼されていくのではないかと思います。

 

まとめ

=======

完璧主義に関して書いてみました。完璧主義に陥るといつまでたっても資料が完成せず、上司には不安になったりされます。私自身も、完璧主義に陥っていましたので気持ちがわかります。まずは60点の感覚でやるようにはしています。

それを出してみてフィードバックを受けて、80点を目指すような形です。

実際に、合格点を目指すとスピードアップになり、時間に対して約束を守れる存在になれます。

なので、その癖をつけるために、毎日の習慣に取り入れてみてください。

・タスクに分割しましょう

・必要時間の見積もりを立てましょう

・時間制限を設けましょう

 

明日への一歩

==========

資料を作ったり計画を練る場合、完璧主義になっていないかのチェックをしましょう

コミュニティを活性化させる4か条

f:id:sikesike1112:20161023180034j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

最近、自己肯定感の高い人達が多数いるコミュニティに新しく所属することになりました。

オンラインでやり取りするのですが、非常に活発にやり取りが行われています。

 

これは凄いなぁと思いました。コミュニティって主催者が少しコメントして参加者がコメントしないパターンをよく見ています。SNSでのグループも特定の人がコメントをしているけど、そんなに全員で活発に行われている事がありません。

不思議に思っていたんですよね。どういう人達が集まるとそこまで活発になるのかという点です。

私自身、お金を払ってみたコミュニティもほとんどは、活発に行われることはありません。

 

理由は多数ありますが、自分の中で気付いたことがあります。

 

1)しっかりとしたルールがある

2)交流する事の重要性を説いている

3)失敗に対して寛容なコミュニティ

4)貴重なフィードバック

 

1)しっかりとしたルールがある

規律をきちんと保たれていることです。なので、安心・安全にコミュニティで発言が出来るということです。

そのルールの中で自由に交流してOKなので、積極的に発言ができるようになっています。

ここでのポイントは、新しい人は宿題として自己紹介を書いたりして、入りやすい雰囲気を作っていることです。

周りからコメントが沢山もらえると非常に嬉しいですよね。

なので、雰囲気がすごく充実しているんですよ。普通、そんな許容された空気感はないのでメンバーが非常に自己肯定感が高いんだなぁと思いました。歓迎されている雰囲気なんですよね。

 

2)交流することの重要性を説いている

交流することで何が得られるかを説いている点です。「自己肯定感」に関して課題を持っている人は、自己肯定感の高い人と交流することで自分の自己肯定感は高くなります。そこで、交流することで自分の得たいものが得られるとわかります。積極的に絡むことで、自分のボトルネックである部分を改善できるようになります。

何が得られるかというメリットがある。そして、安心安全で楽しく出来るのでコミュニティの活動が活発になります。

 

3)失敗に対して寛容なコミュニティ

失敗をすることが、成功への近道ということでチャレンジできる場所がたくさんあります。

例えば、いきなり自分の商品を売ろうとしたときに、実績のない自分がお金を取っていいのだろうか、、と不安になりがちですが、コミュニティで事前に練習できる場所が様にされています。これを受け入られている人達が多数いることで

安心して失敗できてフィードバックが得られる構造になっています。

中々ないですよね?自分も、ここまで設計されているのかと驚きました。

 

4)貴重なフィードバック

フィードバックがもらえるので、失敗からの改善点が見えやすいという点です。ふつうは、フィードバックを出せなかったりします。それは、メンタル的に嫌われたらどうしよう、、とか、フィードバックをもらう側も、メンタルが弱いと中々発言ができないですよね。なので、そういった環境が整っているんですよね。

 

まとめ

========

コミュニティの活用というのは、今後の大きな必要なテーマなのかと考えています。人を育ているという意味で

どういう風に成長をしていくかという点が、目に見えるからですよね。

そして、コミュニティの力を使って存分に経験値を積み重ねていけるからです。こういった環境を重要視しているか

どうかというのは、大事だと思います。是非、自分のコミュニティで活用してみてくださいね。

 

明日への一歩

==========

コミュニティで是非試してみてください。

落ち込む原因は、自己否定から始まっていませんか?

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

ちょっと昨日とおとといにブログの更新を滞ってしまいました。

 

こんな日もありますね。年末は仕事が忙しくBlogを更新出来ないという日が出てくるかなぁと思っていました。

 

なので、こんな日もあるということですね。前の状態を振り返って後悔しても仕方ないので、今後起こさないための

 

方法をこちらで対策していく必要がありそうです。

 

具体的には、夜に更新をしようとすると突然の仕事や問題が出てくる可能性があります。

特にこの時期、忘年会の誘いが多いですよね。

 

それを頭に入れていないとあっという間の時間が経過してしまいます。

なので、昼の時間や朝時間にネタを準備して書くような行為が必要ですね。

 

ついつい、忙しくなるとストレスが急激に増加します。なので、帰りの電車で本を読もうとするとできなくなったりします。理由は、スマホで楽しいネットサーフィンが待っているからです。気を使わないSNSを見ることで気が付けば最寄り駅に到着して家に帰ってもスマホを見るという行為をしています。

 

帰宅が遅くなり、走るのが億劫になったりもします。なので、スマホというのは便利さの中での本当の敵になっていますよね。気を付けましょう。

 

昔話に少し付き合ってください

=================

何がきっかけでコーチングを始めたのかということを書いてみます。

 

最初は、凄くネガティブな理由でした。会社で仕事をやっていて、上司からのパワハラが凄くて、何をやってもうまくいかない状態が続きました。

 

上手くいかないので、同僚や先輩と一緒に飲み会で愚痴を言い合う日々。これじゃあ人は変わらないだろうという事をふと思っていたけど、苦しくて抜けられない。一人で行動するのが耐えられない。

といった状態に落ちていました。

 

偶然にもパワハラな上司は、1年後別のチームに異動となり事なきを得ましたが。。

自分自身の課題としてメンタルを鍛えていく必要はあるなと感じました。

 

怒られたり、あれをやれこれをやれと言われると思考停止状態に陥ってしまいました。

そうなると行動が止まってしまっていました。結局、言われて行動して怒られてというサイクルを永久に繰り返し

本当に仕事が楽しくない状態になりました。

 

今後の対策としてメンタルを鍛えていくということでまず取り組もうと思ったのが、

自己否定をしないという考えを持つことです。上記のような状態になると、自己否定してしまうんですよね。

 

自分はなんてダメなんだろとかって思う人が沢山いたので、みんな否定されまくってさらに悪い状態になっているんですよね。

 

私は、自己否定をしないために少しずつ嫌いな自分を話すことやダメな部分を認めていくようにしました。

それは、中々治ることでもないのですが、ゆっくりと埋められるようになってきています。

メンタルは、大量行動だなと思います。なので、一歩一歩と進めていくことであなたの自己否定を消していってくれますよ。

 

コーチングとの出会いは、この後ですが、、これはまた今度書こうと思います笑

 

まとめ

========

取り留めのない内容を書いてしまいました。少し忙しくてメンタル的な部分を忘れていました。

コツコツと行動を進めるというときに、何か行動が止まるとやっぱり自分はできなかったなという思いが出てきます。

その時に、自分を否定をせずに前に進むためにそんな自分でいいんだよと認めてみるようにしてみましょう。

そうすることで、一歩ずつどんな自分を認められるようになっていきます。

 

明日への一歩

=========

自分を否定しているなら、その点をさらけ出してみましょう。

悪循環からの脱却

f:id:sikesike1112:20161118222201j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

苦しいなぁと思うときは、たくさんあります。時間がなかったり仕事を忘れていて急ぎで回答をしたりするときに

非常にストレス負荷がかかり、悪循環に陥ってしまいます。

 

悪循環になると、あぁ自分駄目だなぁという否定が入ってしまい、行動がついつい後手後手になってしまいます。忙しいときだからこそ

基本に戻ってなんの仕事をするかの整理が必要ですよね。目の前の仕事に夢中になって重要な仕事ができなくなってしまいますからね。

 

なので、忙しくても続けていくということは重要ですね。忙しい時に何をして冷静になっていくかを考えてみましょう。

 

まず、時間は有限なので、仕事を取捨選択する必要があります。まずは、抱えている案件を一覧化してみましょう。

私の場合は、Excelで管理するようにしています。

・案件A NextAction

・案件B メール返信

・C社 提案資料作成

・D社 打ち合わせ候補だし

 

仕事面でタスクとしては大きく3つぐらいに分かれるのではと考えています。

 

・資料作り(PowerPoint系)

・メール返信・スケジュール調整(Outlook系)

・分析(Excel)

 

というように3つのOfficeで仕事を分けています。理由は、3つに分けてカテゴリごとに実施すると効率が良いからです。

ポイントは、マルチタスクにしないということです。

マルチタスクにすることで、脳が対応しきれなくなり疲れがたまりますし、意志力を切らしてしまいます。

特にメール対応や電話対応は危険です。サポート業務を行っていたりする場合、それが仕事になりますが

急な割り込みが入ってこないように対応していくことは重要です。

 

 

ただ、上記の通りやっても上手くいかないケースがあります。それは、実際にあなたの課題がそのストレスでない可能性があるからです。

本当に悩みの原因は、その点にあるかです。いくら仕事をこなしていて順調になったとしても上手くいかないケースがあります。

 

本当のボトルネックがどこにあるかを把握できていないからです。

例えば、旦那様と喧嘩をして仲直りができない状態である場合、非常にストレスがかかっておりいくら仕事がうまくいってもボトルネックが解消しないので

そのストレスが付きまとわります。

 

自分のストレスがどこにあるかについては、自分の内面を見つめていると自然と分かっていきます。

なので、どこに自分の感情が動いたりするのかをチェックしていく必要があります。

 

何度もしつこくつたえていますが、それをノートに書いていくことであなたのボトルネックやどういった部分に感情を感じるのかが見えてきます。

今日は、端的な内容になりましたがここまでです。

 

まとめ

========

仕事のスピードや効率化について書いてみました。一番重要なのは、スピードではなくあなたのどこにボトルネックがあるかです。

そのボトルネックはすぐにわかるものもあれば、中々見つかりにくいものもあります。なので、コツコツと毎日自分の感情をチェックしてみてください。

その時に、こういったときに悲しい、怒りの感情がある際は、そんな自分もOKと認めてください。

直ぐにできることではないですが、一歩一歩進めてみてくださいね。

 

明日への一歩

===========

自分の中でのボトルネックを見つける時間を作ってみる

しっかりとした計画を立てるには【お金と仕事編】

f:id:sikesike1112:20161113195445j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

ランニングを続けているのですが、昨日どうしても走りたくなく断念しました。

雨がすごい勢いで降っていて、疲れもあったので諦めるという決断をしたんですよね。仕方ないので今日から仕切り直しです。

続けるということで、失敗しても大丈夫という考えを持つことで、コツコツと続けられるのではと考えています。

 

今まで飲み会を我慢したりしていますが、ここで爆発しないように維持をしていくことが大事かなと。

Blogは続けていますが、続けているのを目標にしていると意味がなくなりますよね。

 

 

先日、とある経営者の方にお金の貯金に関してお話をする機会がありました。その方は、毎月相当の金額を

貯金に回しているとおっしゃっていました。勝手なイメージながら経営者の方って投資をされたりするので貯金をしていないと思っていました。

 

計画的に使っていくことって意志力を使っていくので非常に難しいんですよね。凄く苦手でついつい適当に計算してしまったりするケースがあり意志力がないなぁと感じました。

計画の甘さは、自分のキャリア形成の中でも非常に楽観的に考えすぎているところがあり、時間やお金の計画も甘々になって

思い切った行動をとってしまい後から痛い目にあいます。

 

甘々な計画を立ててしまう私ですが、どう計画を立てていくのがベストかを考えていました。

凄い苦手なので、動きながら進めていくという形なのですが、苦手な人がプランしていくための方法を考えてみました。

 

・お金編

 

一番簡単な方法として、家計簿をつけるのが一番早いだろうと考えました。

レシートをためていくという非常に面倒ですが、自分の意志力を高めるためにも良い方法かと。

その時に、「~したい」というお金かどうかをチェックしてみたいですね。

勉強しなければならないので、英語の本を買った場合って0か100の思考になっているので

そのお金を手放していくことで、貯金が進んでいくのではと感じています。

 

ダイエットとして、レコーディングダイエットというのがあり、何を食べたのかを記録していくことで

痩せていくという夢のような話がありますが、こんなに食べているんだという形が見えることで、食べすぎだと認識します。

 

ツールに頼るかどうか、これは人それぞれなのですが、以下のようなツールがあるようですね。

 

・マネーフォワード

クレジットカードなどを登録すると何にどれぐらい使ったかを自動的に計算してくれるクラウドのアプリです。

 

moneyforward.com

・Zaim

レシートを写真で撮ると計算してくれるアプリです。一度入れて完全に放置中。。。再チャレンジ。

 

zaim.net

 

まずは、何事も開始してみることが重要かと思うので、コツコツとやれるだけやってみようと思います。

 

・仕事編

 

目標が高すぎるので、年間目標を作るのがうまい人と一緒に考えてみようと思います。

なぜか、私の会社ではこういった目標を作るという作業を一緒にやるケースがありません。なので、1年間の目標に対して

逆算して半年後にこうなっている、4半期でこうなるとやってみる予定です。

 

これに関しては、チェック機能として誰かに監視してもらうようにする予定です。

効果的な理由は、誰かに見てもらうとプレッシャーを感じたり、強制的な部分が必ず出てきます。

ボクシングのトレーナ的な形で誰かと一緒に作ることをしてみると良いと思います!

 

そんな人がいない場合、上司に毎週報告するのでフィードバックください!!ということで、相手からも好印象を与えられますよ。

 

まとめ

=======

計画が甘い自分のような人向けに記事を書きました。本当は、プランを作る必要はないのかもしれません。

しかし、自分がどれだけできるのか、どこまで節約できるのかといった点は把握しておいたほうが良いでしょう。

なので、家計簿をつけて明細を明らかにすることで見えてくることが多くあります。

仕事でも、同様にどれだけ時間がかかるのかを測ることは重要です。それをするときに誰かに見てもらうことで

強制力という武器を手に入れることができます。

 

明日への一歩

 

===========

家計簿を一日つけてみましょう!