読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

一人で過ごす時間を重要視する

 

f:id:sikesike1112:20170102203830j:plain

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

年始二日目ですね。

 

今年は、会社員の方は休みが少ないのでがっかり来ている人が多いのではないでしょうか。

 

私は、5日から開始なので後2日ですかね。沢山料理を食べたので、太っているのが心配です。

 

年末年始は、懐かしいメンバーと会ったりして近況を話していますでしょうか。

 

私は、いつもと変わらない生活をしようとしているので、敢えて積極的に声をかけずに過ごしています。

 

一人の時間を大事にするワケ

===============

一人の時間をコツコツと過ごすのが自分にとっては必要かなと思っています。

色んな場所で「つながり」を求めて夜遅くまで飲んだり語り合ったりするのも楽しいです。

しかし、一人で行動をし続けるのも、中々辛いですが、絶対に自分で一人活動が必要な時が来ます。

 

結局、助けてくれる人はいても、行動としては自分でやっていくしかないんですよね。

答えがないので、心地良いつながりだけに身を置いて自己満足をしないように注意が必要です。

 

よくあるパターンとして、会社員の癖として、周りに人がいて安心感があることに慣れているからなんですよね。

普通の職場は、先輩がいて何かわからないことがあれば、聞ける環境があります。

 

環境に慣れてしまい、ついつい周りの起業家目指していますというコミュニティに身を置きがちです。

 

安心出来るんですよね。同じような悩みを抱えていて話が合う人がいるので。

 

安心にハマると怖いですよね。

 

その安心に負けてしまうとついつい気分が高揚して、自分でコツコツと努力ができないようになります。

結局どれだけコツコツと毎日努力を行ってきたかが勝負になります。

 

一人でコツコツと進めるのは、自分のメンタル的な要素を鍛える事ができます。

 

自制心をもって一人練習ができるから非常に成長ができるんです。

 

なので、どんな環境や状態になってもぶれずにコツコツと積み重ねる事が可能です。

 

初心者の人はどうするのか

================

一方で「つながり」というのは、ある意味スパイスになる可能性があります。

 

それは、仲間がいることでお互いを刺激しあえて、強制的に努力ができるからです。

いきなり一人でコツコツと進めることができるのは、ごく少数の人です。

切磋琢磨できる人たちがいるコミュニティいることであなたの基準が上がることになるでしょう。

 

この記事で多くの女性が切磋琢磨出来ると書かれています。

http://president.jp/articles/-/19577

 

一人時間が必要であるという前提で切磋琢磨できるコミュニティにいることでお互いを高めあいつつ

自制心を高めた状態を維持するという環境になるのが、良いでしょう。

 

例えば、オンライン作業会です。

 

スカイプGoogle ハングアウトを使ってグループで作業をする時間を強制的に決めて

お互いの作業をするというものです。終わった後に何をやったのかをシェアすることで自分の質が高まります。

 

集中したいときはぜひ利用してください。

 

まとめ

=========

一人の時間が重要であるということについて書きました。ぜひ、一人の時間でどれだけアウトプットを増やせるかを意識してやってみてください。そして、初心者の人向けは、ぜひグループで切磋琢磨するコミュニティに所属するのをおすすめします。もちろん、仲の良く傷をなめあうのは意味がないですのでご注意くださいね。

ぜひ、つながりに関してもう一度考えてみてください。

 

明日への一歩

========

まずは、つながりについて考えてみてください。

セミナーの目的について再考してみる

f:id:sikesike1112:20170101201928j:plain

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

あけましておめでとうございます。今年の元旦は晴れの場所が多かったようですね。

 

年末年始は、ある意味時間があるので実家に帰省したり、家でゆっくり正月の人が多いのではないでしょうか。

空いている日を狙って、普段長蛇の列になるBillsに行ってきました。年始初日ということでかなり空いていたのですんなり入れました。(それでも、15分ぐらい並びましたが笑)

 

私は、甘いものが大好きなので楽しみにしていました。結果としては、世界一の朝食と言われているだけあり、かなり美味しいパンケーキを食べれました。いや、今まで食べたパンケーキの中でも圧倒的においしいですね。流石の味です。

 

機会があればぜひ食べてみてください。リコッタパンケーキお勧めです。

 

そんな正月を過ごしていましたが、皆さんはどうお過ごしでしょうか。

 

それ以外の時間は、セミナー用の資料を作っていました。そこで時間がかかるんですよね。

拘ってしまって、資料で伝わるようにって気持ちを込めてやっています。

 

ただ、ふと気づいたのですが、そもそもそれでOKなのかなぁという疑問がわきました。

 

セミナーの目的って何だろうかと。

 

セミナーで受講者が結果を出す

===================

受講者に成果を出すという事が目的ですよね。

 

ただし、セミナーを受講しても結果が出る人ってのは、ほとんどいないでしょう。

理由は、その場で聞いているだけや少し行動をしても結果が出る人は天才のみです。

結局は、その後に行動をしていないと意味がないからです。

重要な点としては、セミナーを受けた後も継続的に行動を進めてもらうことですよね。

 

その前提を考えるとなると極力セミナーの場で実践をしてもらう時間にするのがベストですよね。

それは、ワークの時間を取ったり、ディスカッションをしたりといった時間が大事になるということですね。

 

なので、資料を一方的に講師が説明するというのは、受講者に取って効果がないんですよね。

私がハマりそうになったパターンです。

 

 

以前、紹介した『超一流になるには才能か努力か?』という本にもこう書かれていました。

 

 

超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か?

 

 

・即時のフィードバックが重要である

・セミナーはスキルの向上に役に立たない

 

 

なので、資料も必要なのですが、如何にワークやディスカッションをできる場を作るかという点が必要です。

そのアウトプットに対してどうフィードバックするかが大事だということですよね。

 

後は、終わった後にどういう風にフォローするかが重要なんですよね。

これは、継続的に参加者が行動を進めていく事に対して、フォローが可能という状態です。

 

セミナーを受ける側で意識するポイント

===================

受講者側の立場の人も意識するポイントであります。

 

まずは、セミナーを受講しても結果が出せる人が少ない。その後の行動や練習によって結果が出るということです。

そして、セミナーを受講の際は、下記の点に注意してください。

 

・ワークやディスカッションがあるセミナー

・講師が一方的に話さないセミナー

 

また、継続的にフィードバックがもらえるような状態を作るという環境が大事です。

 

是非、学習に役に立でてみてくださいね。

 

 

まとめ

=======

セミナーに関して書いてみました。作成する側と受講する側に関して、見失ってしまっているときがありますよね。

集中して資料を作って色々と絵をきれいにとか細部に拘りを持つのも限度を考えたほうが良いということです。

目的に応じて、受講者が結果を出すために何をするかをフォーカスしたほうが良いですよね。

 

明日への一歩

=========

今取り組んでいることの目的をもう一度考え直してみる

IT苦手っ子へ苦手克服の3か条

f:id:sikesike1112:20161231171926j:plain

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

すっかり間空いてしまいました。一度、さぼるととことんやってしまいますね。人間は、楽なほうへ楽なほうへ

行ってしまいがちですからね。もっと、心を引き締めてやっておくことを意識したいですね。

 

私は、新しいチャレンジから逃避するという傾向があります。これはどういうことかといいますと

以下のような例があります。

 

・楽しいものに流されて大事な事を忘れる

・失敗するぐらいだったら挑戦しない

・重要な仕事をギリギリまでため込む

 

上記のような行動をついつい取ってしまいます。

こういう場合、過去何をしていたかというと自分にムチを打って競争馬を走らせるように仕向けていました。

ムチを打った場合、動けるのは一瞬です。なので、一瞬は輝きをみせますが、結局燃え尽きてしまいます。

そう、自己啓発セミナーを受けた後と同じような感覚ですよ。終わった後に高揚感にあふれていて俺はやるぞー!と気合が入っている感じですね。

 

数日後には、自己啓発?なにそれ状態でいつも通りの行動をしています。

むしろ、結局やれなかったって凹んでいつも以上にへこむ癖が出ます。

 

何に挑戦するのもよいですが、コツコツと少しずつやっていくという点が大事ですよね。

私の場合、外に出るという行動をとるのも大事だと認識しています。行動をしやすい環境になるからです。

 

 

最近、Webというかコーチやカウンセラーの人と多く接するのですが、SNSやブログを使いこなせないという声をよく聞きます。そもそも、使うのに苦労するという方も多いので折角なので、苦にしない方法について書いてみます。

 

 

 

ITを苦にしないなら

==========

これは全ての共通にあてはまるのですが、SNSでもブログでも選択できるボタンを全部触ってみるというところです。

なぜならば、全ての機能を知ることができますし、動きがわかるからです。

過去に、Officeの魅力を上手に分かりやすく伝える方がいたのですが、その方は新商品が出たときに何をするか?というと全部のボタンを触ってみるとおっしゃっていました。それで、新機能がどんなものなのか、どう活用できるかといったユーザー視点に立てると仰っていました。

 

なので、私も全部触れないにしても、ボタンは触ってどういう動きをするかをチェックするので

どの商品に関しても特に苦ではないやり取りができます。

 

使ってみてわからなければ聞く

===============

ITが苦手な人は、スマホに関しても逃げがちです。(私も、2年前までガラケーでしたが笑)

スマホを利用したほうが良いシーンはたくさんあります。

そういったときは、周りに聞いてみましょう。

聞く相手がいないという人には、Googleで検索をすると大抵の回答はあります。

例、Yahoo知恵袋教えてGoo!など

 

折角の機能を持ったスマホなので使えるようにして是非お客様とのやり取りに使ってみましょうね。

 

基礎を抑える

===========

ITが苦手な人は、PCでタイピングが苦手なので文字を打つだけでもストレスが溜まります。

苦手意識があるとストレスがたまりやすいので、あー!!もうやめた!となりやすいです。

この場合、練習しかありません。特打買いましょう。楽しみながらできます。これがあるとないとでは、ブログを書く際のストレスが3倍ぐらい異なります。

 

特打 |ダウンロード版

特打 |ダウンロード版

 

 

スマホの場合、フリック入力ができるだけでスピード早く文字を打てますのでストレスを軽減することができます。

是非、グーグルでフリック入力と検索してみましょう。

 

 

今日は以上となります。皆さんは年末をいかがお過ごしですか?私は家でピアノを聞きながらコツコツとやっています。

気分転換にこの後、スタバにでも行こうかなとおもいます。よいお年をお過ごしください。

 

まとめ

=========

基本的な事について書いてみました。何でも基本が大事ですからね。基本を大事にしている人は応用が効きやすいんですよね。なので、タイピングや検索する癖がある人は、すぐに解決しやすいんですよね。

特に苦手意識があるとストレスがたまりやすいので、そこを軽減するかについては是非意識してみてください。

 

明日への一歩

===========

疑問が沸いたらGoogleで検索してみましょう

今の基準を変えて休暇を充実させる

f:id:sikesike1112:20161226203219j:plain

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

年末最後の追い込みで今日は、案件がたくさんあり飛び回っていました。ギリギリの攻防は精神的に危ういですね。

準備が大事だと改めて認識しました。

 

年末は締めの時期なので、色々と残作業に関しても沢山残っているんですよね。いつも残るということは、何か準備が足りていないんですよね。リスクを想定しておらず、後回しになるということです。

私の場合は、夜会社に残っていると飲み会に誘われて疲れているとついつい誘いに乗っちゃうところが、リスクでしょう(笑)

 

この時期は、忘年会とかこつけて色々と飲み会がありますからね。毎日、同じような飲み会に参加しても楽しいけど話す内容は変わらないですよね。

楽しいからついつい行っちゃうのが、何か中毒性のある場所なんですよね。

 

 

忘年会が終わった後は、長期休暇が迫ってきていますね。今週から休みという人も中にはいらっしゃるんじゃないでしょうか?

休みの期間は、何をやられる予定でしょうか。

 

長期休暇で過ごす場合、生活習慣が崩れるタイプが多いのではないでしょうか。

典型的なタイプが私です。生活習慣がしっかりしているタイプの人は、この記事は無視して問題ないです。

 

 

休暇を充実に過ごすには?

 

==============

 

生活習慣を維持するために、毎日やることを3つ決めましょう。

特に役に立つ事をやるのが良いです。

 

例、朝起きる時間は、いつもと同じにする

例、運動を毎日やる

 

生活習慣がずれる原因は、食生活や飲み会や深夜までのテレビでしょう。この3台巨頭から逃れられる人ならOKですが

影響を受ける人には、普段の生活と変わらないようにしてみましょう。

 

特に仕事に行くときが、憂鬱にならないように普段から少しでも仕事をするようにしています。

これは、休み明けから猛ダッシュできるような状態を作っているからです。

なので、毎日、仕事やコーチング関連の事をやることに決めています。

 

人それぞれですが、思いっきり遊ぶより毎日少しでも取り入れるほうが習慣化して取り組むときに意志力を使わずにできますよ。

 

年末年始での取り組みについて

==============

 

今までなら本を読んでくださいと書いていましたが、何かアウトプットする機会を持たれたらどうでしょう。

理由は、久しぶりに実家に帰って「どう感じるのか?」といったところを是非書くことで自分の内面を見つめる機会になります。年末年始は色々と気持ちの変化があるでしょうから是非書いてみることで新しい発見ができます。

 

例えば、両親に感謝してみるです。過去、全然親と会っておらず、特にありがとうと言えなかった時期がありました。

それは、自分の中で「恥」という気持ちがあったのでしょう。なので、折角会う際は、親に感謝を述べるのはよいと思います。

 

是非、少しのことでも構わないのでアウトプットしてみて下さい。

 

 

自分の基準を超えてみる

==============

決意新たに気合を入れられている人も多いでしょう。なので、今の基準を超える選択をしてみてください。

基準を超える選択をすることで、自分の成長になります。

 

例、去年の自分よりアウトプットを増やす

 

今の自分を1%出来れば5%超えるために、今の足りない活動を増やしてみてください。

資格でも良いのですが、本業や副業に生かせるようにしてみるとさらに良いですよ。

 

まとめ

==========

年末年始をどう過ごすかというテーマを書きました。どう過ごすかはあなた次第ですが、新年なので今より変えたいという一年にしてほしいです。自分も毎年今年は頑張ったなという一年にしたいです。

なので、少しでも成長出来るように年末年始も仕込みをやってきたいです。遊びの予定は最低限にしています。

是非、そんな姿に共感する人は今日の記事をみてくださいね。

 

明日への一歩

========

年末年始の生活習慣を考慮して変化がないようにする

相手へのGiveをせずに奪い取っていませんか

f:id:sikesike1112:20161225192815j:plain

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

3連休があっという間に終わりそうですね。今年もあと少しで終わってしまうと思うと、時間がたつ早さを感じます。

 

皆さん、私の会社の尊敬する方から紹介をしてもらったのですが、下記の本をご存知でしょうか。

「Give & Take」という本です。

 

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

 

 

本をすでに読んだことがある方はいらっしゃるかもしれません。

3種類の人間がいると書かれています。

 

・ギバー:他人中心。相手の利益を考え、受けとる以上に与えようとする

・テイカー:自分中心。与えるより多くを受けとろうとする

・マッチャ―:損得のバランス、ギブ・アンド・テイク重視

 

この本では、テイカーの人に対しては非常に辛辣に批判するのですが、自分がまさにそういった状態になっている時があります。

仕事上で数字が足りない時に何とかして数字をとるようにしていた時です。

矢印が自分向きになっているんですよね。会社でこのタイプの人が多くいます。

 

あなたは、テイカーになっていないか

=====================

 

自分の事しか考えていないんですよね。

なぜ、こういった状態になってしまうかというと「圧力」が出てくるからだと思います。

例えば、結果を出せないと周りから冷たい視線で見られる。なので、何とか数字を作ろうようにする。

 

こういった行為というのも一つの要因でしょう。こんな状態のときに相手にGiveするという行為は難しいでしょう。

 

ギバーとテイカーの違いは、何といってもメンタル面が影響しているんですよね。

自己否定したり、相手と比較ばかりしている人は結局成功しません。

理由は、私なんて恵まれていないって思っていると、既に被害的な妄想が強い傾向にあります。

なので、奪うだけ奪って、何も感謝せずに文句ばかり言っています。

本当は、メンタルから根本的に見直していく必要がありますね。

 

ギバーになる必要があるのか?

================ 

 

私自身、ギバーになれ!!と言いたいわけではありません。

ここで、重要なのが、相手のために行動出来るということは、将来的な「結果」につながります。

 

相手のために行動できるかどうかという点が非常に重要です。

これは、相手と話してどういったことに悩みや課題を感じているかを察知する必要があります。

その悩みが、本当のボトルネックかどうかを見極めてあげるのが、我々の役目であったほうが良いです。

 

それを解決してあげるための手助けを行うことで、それが相手に取ってのGiveになりえます。

 

組織においても、共通の悩みやモヤモヤしている点があります。

この質問は、営業さんから何度も聞かれたりするなぁといわれること無いでしょうか。

その質問に関するテンプレを用意しておくことで、一発即答ができますよね。

それをポータルに乗せたり、営業さんのチームに展開することでGive出来ますよね。

 

普段の気づきについても、何の気なしに答えを出して終わりではありません。

一つ、上の行動をして何が得られるのかという点を考えてやってみましょう!

 

まとめ

=======

私の会社ではテイカーの存在が多くて、自分もついついテイカーになっている状態になっておりました。

特に金額面での交渉に関しては、こういったFor meの状態になることが多くなると感じます。

相手に売るというときは、相手が価値があるかどうかを判断するためのメリットを提示する必要がありますよね。

なので、皆様もGiveするという点を念頭に置いてからやってみてください。

 

明日への一歩

========

一つ、相手に取ってのGiveをしてみましょう。

来年の計画はまた失敗しますか?

f:id:sikesike1112:20161224200644j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

今日は、クリスマスイブの中わたしがやってきた事は以下のようなことです。

身体中が痛かったので、朝からマッサージを受けることにしました。

 

タイ古式マッサージを受ける」

「いきなりステーキを食べる」

「タイピング練習、、笑」

「君の名はを観る」

「ブログ記事を書く」

 

全くいつもと変わらない生活をしています。世間は、どうなんでしょうか。家の近くのスターバックスはガラガラ

なのかなーと思いきや、いつもと変わらない人数の多さで正直びっくりしています。

受験前なので、勉強している高校生が多い印象がありますね。

意外と普段と変わらない生活を送っている人も多い印象ですね。銀座あたりは混んでいそうですねー。

 

君の名はをとうとう観てきました。感動の作品という前評判の中観たのですが、個人的には、感動の作品という感じではなったですね。面白かったですけどね。映画では、泣くときは泣くんですけどね。

 

昨日は、計画について学んでいく機会があったので、非常に勉強になりました。

ちょうど、季節がら来年の目標を立てたりする時期ですよね。手帳を買った。計画という言葉がたくさん出ています。

私自身、計画を立てるのが非常に苦手です。

 

何度も何度も計画を作ってはうまく行かないとい状況に陥っていました。

結局、計画を作らず行動ばかり起こしていました。失敗してしまう典型なんですよね。

目の前の事ばかりに集中して7つの習慣でいえば「緊急でないけど重要なこと」を疎かにしていました。

 

何が問題であるかを昨日学んだ結果をシェアする形で書いてみます。

 

0)計画は立てて終わりではない

1)積み上げ思考の状態になっている

2)完璧主義

 

 

0)計画は立てて終わりではない

計画を立てて終わりではありません。基本の考え方は、計画は崩れるものです。

なので、計画を立てた後に見直す必要があります。

 

例、毎日ブログを書いて年末まで100記事を達成する

 

ある時、飲み会があってどうしても書くモチベーションが上がらなかった。

こういった障害が出てきます。なので、計画を立てた後に見直す必要があります。12月は、仕事が追い込み時期なので

遅れたりなど想定外のリスクがあります。

なので、チェックポイントを立てる必要があります。

 

・遅れがないか

・計画を達成するために重要なことは何か

・概要を詳細に落とし込む

・月、週、日で見直す

 

1)積み上げ思考の状態になっている

目の前のことにばかり集中して、ゴールから逆算ができていない事が多いです。

そのゴールに向かう際に障害やリスクが想定されていないことが多いです。

ゴールがあった際に、それを達成するために何が問題や障害となるかを把握してそれを見込んで計画が立てる必要があります。

 

月に120キロ走るので、毎日、5キロ走るという目標があります。

 

例えば、初日に5キロ走ったら次の日がものすごい筋肉痛でモチベーションが上がらないといったことがあり得ます。

雨の日は、走る気が起きない。

風邪をひいてしまった時など。

 

様々な障害やリスクが考えられますので、その点の対策を明確にして作ったほうが良いです。

 

ほかには、具体的な数字や目標を明確にしてください。

WOOPの法則という目標達成の本がありますのでその本を参考にしてみてください。

 

 

2)完璧主義

計画を綿密に完璧に作ってしまうことです。気楽に計画を作って、見直しを重点的に行いましょう。

計画は崩れていくものであるので、その点は強く意識してください。

理由は、計画が崩れると「また失敗しちゃった」という気持ちが出て積み上げの考えになってしまいます。

そこで、止まる確率が高いです。私自身もこの考えが強くありました。

 

ここで、見直しを重点的に置くことで計画のスリップと自分の力量が測れます。

 

完璧主義に陥らないことを大前提にしてください。

 

 

まとめ

=====

年の瀬なので来年の計画を作ろう!という人が多いのではないでしょうか。私は、数年前からそのチャレンジをあきらめていました。しかし、心機一転で今年から計画を立ててみようかと思います。

これも、逆算思考が重要なのでそれを達成するための練習と思っています。みなさんも、来年の計画と今年のやり残しを残りの日でやっったりませんか?

 

明日への一歩

=======

まずは、上記を踏まえて計画を作成してみましょう。

完璧主義の罠

f:id:sikesike1112:20161110210115j:plain

 

少し更新さぼっていました。。

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

スムーズにBlogを作るにあたって時間がかかる人がいます。

Blogを一記事書くのに、3時間かかる人もいれば、毎日を30分で書ける人がいます。

その違いに関しては、何が要因であるのでしょうか?

 

もちろん、メンタル的な部分も作用していますが、何よりも完璧主義という考え方が頭の中にいます。

 

職人気質の方は、100点満点を常に目指すようにしています。

これはある意味正しいのですが、我々はやりたいことがたくさんあり、時間も限られている状況だと思います。

時間があるようであれば問題ないのですが、たいていの人は、時間がないのです。

 

なので、80点ぐらいを目指すようにして、時間を有効に使うようにしてください。

 

これは、過去の経験でもそうなのですが、資料をレビューをするという行為がありますが

上司に向けて一生懸命準備をして資料を出したとして、「全然だめ!」と言われた記憶がありませんか。

100点満点の資料と思っていても、相手にとっては、30点の可能性があります。

なので、それ以降は、こまめに進捗を共有して相手の期待値と異なっていないかをチェックしています。

 

こういった経験がありますが、ついつい普段の仕事でも完璧主義でやる人が多い気がします。

 

 

なぜ、完璧主義をなくしたほうが良いのか。起業家や副業をやっている人は、時間がないというのが一番の課題です。

なので、スピードが命です。しかも、コンテンツを作るだけではなく、セールスしたり、セミナーをやったりしています。ですので、時間は確実にないからです。

 

100点を目指すと細かい点まで気になってしまいます。そうすることで時間を多く浪費してしまいます。

なので、提出もギリギリになってしまいます。

私の会社の仕事でエンジニアの人が、1週間後に連絡しますと書いてたのですが、1週間後に現象が再現しないので

分かりませんでした。という内容を書いていました。

見る限り、30分もあれば確認できる点を1週間かけて対応して分かりませんでした。という内容を書いていたので

損をしているなぁと非常に思いました。

 

 

では、どこを目指すのかというところで

合格点を目指しましょう。合格点がわからないという人は、期限を区切ってやりましょう。

 

・タスクに分割しましょう

・必要時間の見積もりを立てましょう

・時間制限を設けましょう

 

上記を実施することでスピードの向上と質を上げるために時間内で対応ができます。

相手への信頼感も高くなりますので、自分の仕事にかかる見積もりも出来ること可能です。

メンタル面でも精神的にも気楽に作れることができます。

 

なぜここまでやる必要があるのか?

 

時間の期限を切って対応する癖をつけたほうが良いからです。この癖がつくと考える時間が短縮されて

時間短縮につながるからです。もう一つは、仕事の処理能力が高くなり、安定的にパフォーマンスを出すことができます。

相手への信頼感も高まります。そういったことで、自分が信頼されていくのではないかと思います。

 

まとめ

=======

完璧主義に関して書いてみました。完璧主義に陥るといつまでたっても資料が完成せず、上司には不安になったりされます。私自身も、完璧主義に陥っていましたので気持ちがわかります。まずは60点の感覚でやるようにはしています。

それを出してみてフィードバックを受けて、80点を目指すような形です。

実際に、合格点を目指すとスピードアップになり、時間に対して約束を守れる存在になれます。

なので、その癖をつけるために、毎日の習慣に取り入れてみてください。

・タスクに分割しましょう

・必要時間の見積もりを立てましょう

・時間制限を設けましょう

 

明日への一歩

==========

資料を作ったり計画を練る場合、完璧主義になっていないかのチェックをしましょう