読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

まずは、起業を目指す前に副業からスタートしようよ!

f:id:sikesike1112:20161012214028j:plain

 

こんにちは! 「ヤリタイ仕事の方向性を見つけてコツコツと行動が起こす コーチ」原田 祐一郎です。

 

 

起業を目指してワクワクされている方、

本業をしながら、副業で仕事をコーチ・コンサルをやっている人が多いと思います。

 

何をきっかけに目指すことになったのでしょうか? 

 

私の場合、自分のスキルを持ちたかったのと、どこまでやれるかのチャレンジで行動を起こしています。

 

目指す理由を見つけた後は、副業で稼げる状態になってから起業することをお勧めします。

 

お勧めする理由は、大きく「自分のゴールがわかること」と「基礎体力が身につく」からです。

 

私は、無理なく行動を進めたいからです。基礎を身に着けてからリスクを減らす時間も必要だと思うからです。

 

 

副業をお勧めする二つの理由を詳しく書いてみます。

・自分のゴールがわかること

・基礎体力が身につく

 

 自分のゴールがわかること

===================

 

副業をやっている場合、ほとんどの人が「時間がない!!」と気づくでしょう。

 

私の場合、残業という概念がない会社で働いています。

 

遅くまで残る事が習慣化している場合、平日に時間を取るのが非常に難しい。

 

そんな忙しい状況でもやり続けられるのが、本当に自分の「ヤリタイ事」ではないでしょうか?

 

空いた時間にやれるぐらい情熱がなければ、続かないです。

 

なので、時間がない中でどこまでやれるかをまず試してみましょう。

 

アップルの共同設立者の「スティーブ・ウォズニアック」の例があります。

 

ある投資家が、アップル設立に支援する条件として、ウォズニアックが、働いているヒューレット・パッカードを辞めるという条件がありましたが、これを断ったそうです。

 

多くの成功者は、リスクを取っているようにみえますが、

実際は自分で稼げる事がわかってから独立をしているケースが多いこともわかっています。

 

 

話が脱線しましたが、「ヤリタイ事」を見つける際に自己理解が必須になります。

 

どんな人間で自分が何をしたいのか?を明確にしてなければ、行動が続きません。

 

一時的なモチベーションを頼りにやっていても、息切れしてしまうのが目に見えています。

 

じゃあ、自分の理解のために何をすればよいのか?

 

それは、自分史を書くことです。

 

幼少期から自分の事を思い出しながら書いていくと自分の中で何を大事にしているか?

 

どんな事を大切に生きているかが、繋がってきます。

 

自分史に関して自分が書いてきたときに、「感情」というキーワードが自分の中で出てきました。

 

相手の感情や自分の感情を読み取ることを無意識でやっていたんです。

 

そこで、感情に動かされていた人生だったと改めて気づいたんです。

 

何を大事にしているかの無意識の状況は分かっていますか?きっと何らかのヒントが隠れています。

 

 

 

基礎体力が身につく

 

===================

 

よくあるパターンが、嫌いな上司がついたので、辞めたいと感じて起業しよう!

とする人いないですか?

 

おそらく、起業を目指す場合、ほぼ失敗してしまうでしょう。

 

副業をしていると「時間がない」「本業が忙しい」といった出来事が出てきます。

 

そんな時にコツコツと行動出来ることで本業や起業した時の基礎体力が身に着くんです。

 

起業をしたとき、どんなに詰まらないこと体調が悪くても、行動する必要が出てきます。

 

その土台がない状態で行動するのは怖くありませんか?

 

まずは、第一ステップで基礎体力というコツコツ行動する事が身につくんです。

 

 

まとめ

=================== 

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

 

副業で自分の土台作りをしていくことで、起業をしたタイミングで大きく羽ばたけると感じています!

 

明日から出来る行動として、自分史を書いてみて自分の過去を振り返ってみませんか?