読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

始まりはいつも「共感」から

f:id:sikesike1112:20161104232021j:plain

 

こんにちは! 「仕事の方向性を見つけてコツコツと行動を起こす コーチ」原田です。

 

ジブリ映画でとなりのトトロがやっていますね。人生で初めて観ました。

 

一般的には、ジブリ映画を好きな人は多いと思います。

逆に見ていないというと、えぇーー勿体ないという反応をしていきますよね。

 

実際に奥様と一緒に見ていても全く噛み合いません(笑)

(部分的にまっくろくろすけというキャラクターだけ知っていました。。)

 

コミュニケーションにおいて「共感できる」というのは、貴重ですよね。

 

合コンの時は、共通の趣味があると盛り上がりますし、それが、ニッチな分野であればあるほど盛り上がります。

 

音楽であれば、海外のアーティストであまり有名でない歌手が好きだとさらに盛り上がったり出来ますよね。

 

スポーツも同様ですよね。経営者が好んでするスポーツ何が多いといわれるでしょうか?

 

一般的には、「ゴルフ」と「乗馬」でしょうか。

 

ゴルフは多いでしょうが、乗馬をやっている一般人は少ないですよね。

 

という風にスポーツにしても、絞ると「共感」が強くなることはないでしょうか。

 

コミュニケーションを円滑にする共感のポイントと弱点を書いてみました。

 

共感することについて

=============

 

お互いが、共感することができれば、コミュニケーションが潤滑油のようにスムーズに進んでいくでしょう。

タバコ部屋での会話に関しても、憩いの場である共通のコミュニティであるからこそ気楽に話が進んでいくのかなと。(勿論、ほかの人より接点が多いのがあるでしょう。)

 

あなたは、コミュニケーションで相手と共感できていますか。

 

ただ、自分の事だけを語っていて、自分都合で「お客様のため」と語っていないでしょうか。

 

相手と共感していくには、まずは、「相手の話を聴いてみるということ」です。

 

何を感じていて、どうしたいのか?

 

その質問を引き出すために、「どうなりたい」、「どうありたいか」を聞くようにすると感情が引き出せるでしょう。相手の感情がどうなっているかを感じましょう。

 

良い感情が引き出せたときには、相手の価値観を掘り出してみましょう。

 

大事にしている事や譲れないものはないかといった質問です。

 

ただ、共感という点についても弱点が存在しています。それは、感情移入してしまうことです。

 

 

共感の弱点

=========

 

感情移入する場合、相手と同調してしまうので、相手の感情をもらってしまうことがあるのです。

 

例えば、仕事の飲み会で凄く愚痴大会になったとします。その際に相手の負の感情をもらって自分までメンタルが落ち込むようになってしまうのです。

 

過去にパワハラを受けていた際に毎日のように飲み会に繰り出していました。結果、体力とメンタルが削られていきました。(ついでにお金もですね。)

 

プラスの感情に関しても、感情移入しすぎると自分がハッピーのように感じてしまい、冷静に相手と話せないケースがあります。

 

そのため、コーチングやコンサルを実施される際は、共感しつつも、客観的にいる自分を見失わないようにしてください。

 

だから、共感しすぎることは、相手からの物を受け取ってしまうのです。

 

 

どういった場合に使うのか

=============

 

リスクについても伝えてみましたが、共感しすぎて自分へのリスクがあるという話を書いてみました。

では、どういったときに相手と共感するのがよいか?

 

それは、初対面の時や関係がまだ浅いときに使ったほうがよいでしょう。

理由は、関係が出来ていないので。お互いがどういう人か分からない状態で警戒心があるからです。

そこで、コアな共感があるととても親近感が生まれますよね。

 

信頼関係を構築する際やアイスブレイクで使う事で交渉事がうまく進んでいくでしょう。

 

きっと、婚活パーティーや合コンでも是非共感ポイントを使ってください。

 

 

まとめ

=============

今日は、共感について書いてみました。共感の良い点は、相手との距離感がぐっと縮まる点でしょう。ただし、共感をしすぎることで

相手からの感情をもらう可能性があります。それが、怒りの場合、自分まで怒りの感情になってしまうことです。

なので、使う場所を見極めて是非使ってみてください。

 

明日への一歩

============

自分のコアでうれしかった共感話を見つけてください。そして、身近な人との共感ポイントを見つけるとコミュニケーションが少し円滑になるでしょう。