読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

携帯電話からの脱却!

f:id:sikesike1112:20161121214740j:plain

こんにちは! 「継続力コーチング×ITのサポーター」原田です。

 

今日は、早起きして会社に行ったのですが、逆効果でした。

 

「早起きが最強である」という考えをずっと思っていて何度もチャレンジしているのですがことごとく失敗しています。

 

自分の場合、早く起きたら頭がぼーっとして何も考えられない状態になります。

全然集中できません。睡眠時間が大いに関係してそうです。

最低、6時間は必要な男です。

 

今日も、ぼーっとしていて一日が過ぎ去ってしまったという悲しい状況に陥ってます。

 

寝るのが遅くなる原因は、完全にランニングとブログと思っていましたが、少し時間の過ごし方を振り返ったところ走った後に無駄に携帯を見たり漫画を見たりする時間でした。

 

この二つに時間を取られているので結局寝るのが1時過ぎてしまいます。

 

昔は、携帯電話がないと凄く不安になることがありましたね。自分だけかもしれませんが。。

 

人とのつながりがないので、寂しい感情があったのでしょう。

 

だから、良く携帯電話を見ていましたしSNSもやりこみましたね。

 

周りの顔ばっかりうかがっていた人なので。

 

楽しいものは始めると止まりません。あっという間に一時間です。

 

慣れというのは怖いので、一度悪い慣れがつくと中々外せませんからね。

 

メリットともに悪影響ともなる携帯電話について書いてみます。

少し心理学やマインドの観点で記載していますので是非見てくださいね。

 

 

・離れた場所に置く(物理的な対応)

目の前に置くので、携帯電話をついつい触ってしまいます。

おもちゃが目の前にある子供と一緒です。

そこにあるだけで、誘惑となります。

 

我慢すると意志力を使うので場所を離して置くのが良い手です。

 

寝るときは特に離しておくようにしましょう。

 

目覚ましで使っていますという人は、あえて離れた場所に置くことで、起きて消しに行くので起きやすくなりますよ。

 

・無駄なアプリはすべて削除/見るのが面倒な環境にする(人間は誘惑に負ける)

 

移動時間には、ついつい携帯でメールを確認したりするでしょう。大いに問題ありません。

しかし、漫画アプリやゲームのアプリは、基本削除しましょう。

 

暇なときについついプレイしてしまいます。

 

私自身、これが、原因で相当数の時間を取られたと自負しています。

 

誘惑となるものを排除するのがよいでしょう。

 

この時、あなたに取って結果を得るための行動になっていないものは、全てアンインストールしましょう。

 

例えば、Facebookアプリをどうしても見てしまう人は、アプリを一番端っこに置くなりして「面倒だなぁ」と思わせるようにしてください。

 

消してよいですけどね。

 

・電源を切るか、バイブレーション・音無し

 

これは、集中力が切れるので、着信音とバイブレーションは切ったほうがよいでしょう。

 

集中というのは、一瞬の邪魔が入ると切れてしまいます。

 

本を読んでいるときに携帯が「ブー」となるとついつい目がいっちゃいますよね。その時点でアウト!

 

後は、電話の時もそうです。

 

電話が来たのに気づいたときに出てしまうとその作業を途中で中断してしまいます。

 

深い集中力で乗り切る場合は、こういう対応を心掛けてみましょう。

 

まとめ

=======

 

本日は、携帯電話について書いてみました。

 

スマートフォンにしてから携帯電話を触らない日はないというぐらい触っています。

 

LINEの既読機能が出たとき、これほど人をドギマギさせるものは、ないと感じていました(笑) 

女性に送って既読になったけど返ってこないもどかしさです。

 

精神衛生上よくなかったですね!

そして、進化するSNSでつながりがオンラインで人と簡単につながれるようになりました。

 

退屈という言葉が少なくなるぐらいオンラインでは楽しい人たちがいます。

 

一方で。悪影響で集中力の欠如や誘惑に熱中して副次的なダメージを与えるようになりました。

是非、書いてある断捨離やってみてくださいね。

 

明日への一歩

=======

自分の携帯電話で誘惑となっているものを削除してみましょう!