読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

コミュニティを活性化させる4か条

f:id:sikesike1112:20161023180034j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

最近、自己肯定感の高い人達が多数いるコミュニティに新しく所属することになりました。

オンラインでやり取りするのですが、非常に活発にやり取りが行われています。

 

これは凄いなぁと思いました。コミュニティって主催者が少しコメントして参加者がコメントしないパターンをよく見ています。SNSでのグループも特定の人がコメントをしているけど、そんなに全員で活発に行われている事がありません。

不思議に思っていたんですよね。どういう人達が集まるとそこまで活発になるのかという点です。

私自身、お金を払ってみたコミュニティもほとんどは、活発に行われることはありません。

 

理由は多数ありますが、自分の中で気付いたことがあります。

 

1)しっかりとしたルールがある

2)交流する事の重要性を説いている

3)失敗に対して寛容なコミュニティ

4)貴重なフィードバック

 

1)しっかりとしたルールがある

規律をきちんと保たれていることです。なので、安心・安全にコミュニティで発言が出来るということです。

そのルールの中で自由に交流してOKなので、積極的に発言ができるようになっています。

ここでのポイントは、新しい人は宿題として自己紹介を書いたりして、入りやすい雰囲気を作っていることです。

周りからコメントが沢山もらえると非常に嬉しいですよね。

なので、雰囲気がすごく充実しているんですよ。普通、そんな許容された空気感はないのでメンバーが非常に自己肯定感が高いんだなぁと思いました。歓迎されている雰囲気なんですよね。

 

2)交流することの重要性を説いている

交流することで何が得られるかを説いている点です。「自己肯定感」に関して課題を持っている人は、自己肯定感の高い人と交流することで自分の自己肯定感は高くなります。そこで、交流することで自分の得たいものが得られるとわかります。積極的に絡むことで、自分のボトルネックである部分を改善できるようになります。

何が得られるかというメリットがある。そして、安心安全で楽しく出来るのでコミュニティの活動が活発になります。

 

3)失敗に対して寛容なコミュニティ

失敗をすることが、成功への近道ということでチャレンジできる場所がたくさんあります。

例えば、いきなり自分の商品を売ろうとしたときに、実績のない自分がお金を取っていいのだろうか、、と不安になりがちですが、コミュニティで事前に練習できる場所が様にされています。これを受け入られている人達が多数いることで

安心して失敗できてフィードバックが得られる構造になっています。

中々ないですよね?自分も、ここまで設計されているのかと驚きました。

 

4)貴重なフィードバック

フィードバックがもらえるので、失敗からの改善点が見えやすいという点です。ふつうは、フィードバックを出せなかったりします。それは、メンタル的に嫌われたらどうしよう、、とか、フィードバックをもらう側も、メンタルが弱いと中々発言ができないですよね。なので、そういった環境が整っているんですよね。

 

まとめ

========

コミュニティの活用というのは、今後の大きな必要なテーマなのかと考えています。人を育ているという意味で

どういう風に成長をしていくかという点が、目に見えるからですよね。

そして、コミュニティの力を使って存分に経験値を積み重ねていけるからです。こういった環境を重要視しているか

どうかというのは、大事だと思います。是非、自分のコミュニティで活用してみてくださいね。

 

明日への一歩

==========

コミュニティで是非試してみてください。