読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

営業のプロフェッショナルが唱える極意とは

f:id:sikesike1112:20170104231305j:plain

 

こんにちは! 原田です。「あなたの情熱の方向性を見つけてコツコツと行動が出来て、習慣化する」ことをモットーにBlogを書いています。

 

なんだかんだで大量行動が必要なんです。

 

 

そう。

 

今日は、紹介営業のスペシャリスト平野 雄一さんのセミナーに参加しました。

http://hirano-consulting.com/about-hiranoconsultingoffice

 

内容は、主に営業に関する話を中心にどうアプローチをかけていくかという点。

 

 

マーケティングも重要だけど、リアルの営業というのも大事ですよねという話です。

 

平野さんの実際の営業年表を見せてもらいつつ事例を交えて、ワークを実践する内容となり中身の濃い内容でした。

 

特に参加者のレベルが高く個性が溢れていて面白い。

 

さすが紹介営業のプロフェッショナルという点に感銘を受けました。

 

今日話した内容で印象に残った点について書いてみます。

 

 

1. 大量行動について

2. アプローチをかける勇気

3. 失敗から学ぶ勇気

 

 

1.大量行動について

 

==============

とにかく起業当初に大量の行動をして手当たり次第に声をかけていたとおっしゃっていました。

 

ここでは、「強い情熱」が重要なポイントです。

 

理由は、普通の人ならシンドイレベルを超える行動量でした。

 

毎日のように交流会に行って名刺交換して、対面セッションを3時間!?して

新規の営業も行ってというハードスケジュールをこなされていました。

 

これは、強い情熱がないとここまで出来ないなと。

 

そして、もう一つが、強靭なマインドセットです。

 

クライアントさんを絶対に成功に導く!という気持ちが裏にあるのを非常に感じました。

 

Webが広がっている時代でここまで足を使って行うというのも正直非効率と思いがちですよね。

私もそう思っていました。

 

ただ、それは偏った常識です。自分が勝手に感じている価値観ですよね。

 

普通、ターゲットを絞って、、

 

自分のリソース中を限界まで使って、やっているか?と問われるとそこまでやっていないと。

 

そして、もう一つ隠れているものが次のポイントです。

 

2. アプローチをかける勇気

 

===============

営業の神髄として、アプローチをかける勇気という点があります。

 

私の場合、セールス時のメンタルの強靭さと書いてみます。

 

見知らぬパーティーの方から断られるときや実際に購入したけど行動しない人の場合、

 

「普通、心折れますよね」

 

その状況になりながら、コツコツと毎日行動を積み重ねていくという点が凄いです。

 

ただ、凄い。

 

このメンタルに関しては、私自身もなっていく必要はあるかと思います。

 

大量行動していくにあたり、きっちり自分のリソースや見込みのお客様を整理して

きちんと実践されて行っていることは、冷静かつ非常に地に足の着いた戦いと感じます。

 

 

そして、最後に一つのポイント

 

3. 失敗から学ぶ勇気

 

============

平野さんの事例で失敗から学んだ事を毎回書かれていた事です。

 

それは、行動した後だからこそ伝えられる貴重な事例です。

 

行動したから「気づく」。

 

後から振り返っていくとそれは「経験」という価値になっていくのでしょう。

 

「あぁ失敗しそうだし、自分の価値観とは合わないな」

 

という点で行動が止まる事、多くないですか?

 

まずは、やった後から振り返ってみることが非常に重要なんだなと認識できます。

 

効率化も重要ですが、無駄と勝手に考えている「あなたの価値観」は一旦置いて大量に行動する!という月を作るのもアリじゃないですか。 

 

まとめ

======

セミナーでは、ユーモアを交えた形で内容をお話しされていました。本当に様々な業種の方々が参加される

非常に面白いセミナーでした。今回の書いた内容は一部です。ぜひ、皆さんも足を使って一歩一歩行動を進めてみてはどうでしょうか?

 

明日への一歩

=========

まずは、自分じゃ無理と思うようなことを一つやっていきましょう