読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

先延ばし癖のある私が変わった「二つの行動」とは

f:id:sikesike1112:20161014203721j:plain

皆さん、こんばんは。

楽しく働いていますか?

 

22時頃の電車は、酔った人や説教を垂れている人がいて
本当に困ったものです。

 

いやはや、夜遅くに電車を乗るのはストレスの原因ですね。

 

特に酔っ払いの対応は、見ている自分が、イライラしてくるので

 

体に悪いですね。

 

私は、朝が弱いので夜に活動の比重が高くなります。

これ、悪いパターンなんですよね。


昔からの悪い癖として、苦手な対応を後に後にやってしまう傾向があります。

 

「先延ばし癖」というやつです。

 

1.ついつい後回しになってしまう

2.1日前にやばいこれは終わらないぞ、、

3.さらに焦りが止まらない

4.夜遅くまで無理をして作る

5.どっと疲れる。そして出来もいまいち

6.「あぁ、次は絶対このようなことをおこさないぞ!」

以下1に戻る繰り返しになってしまいます。

 

ご利用は計画的に、ではなくきちんとした計画を立てようと
いつも思うけど、うまくいきません。

 

そんな計画たてられずに、いつも突っ走ってしまう仲間がいてくれると嬉しいです。

 

名著『7つの習慣』では、緊急ではないけど重要なことに取り組みましょうと書いています。

 

頭ではわかっているんです。でも、できない!!


ついつい緊急ばかり手をだしてしまうんです。

 

優秀な人は言いました。「PDCAを作って回しましょう」

 

わかっているけど、一回作って終わりで回せていません。

 

そんな計画倒れ続きの私が実験をしてみて効果的だったものを紹介します。

 

二つに分けています。

 

◆現状の自分の時間を図る

◆悲観的に目標を達成する

 

◆現状の自分の時間を図る

これは、面倒ですが一番重要です。

なぜなら、今の実力がわかるので、自分がどれだけの力あるか分かります。

Google カレンダーにこの時間は何をしたと書いています。

WEBが苦手な人は、手帳に書いてもよいでしょう。

 

私の場合、休憩の無駄が多すぎました。

当初、「うわ、資料作成にこんな時間かかっている俺」とへこみました。
段々と詳細に記載していくと、「意外とコーヒー休憩やトイレが多い」事に気が付きました。

習慣になっていたので、いきなり止めるのは難しい。

資料に関しても、休憩があったりするので集中力を欠いていました。

自分のパターンを探していて判明した流れはこうでした。


1)ストレスがかかることでコーヒーを飲む回数が増加

2)コーヒーを飲む

3)おなかが痛い orトイレが近くなる

 

完全に負のスパイラルを抱えていました。

対策として、コーヒーの数を減らしてガムに変えてみました。
コーヒーは好きなので薄いアメリカンコーヒーに変えてみました。

 

パターンを少しずつ変えてみました。

 

こうすることで少しずつ力が蓄えられます。

 

◆悲観的に目標を達成する

これは、何か障害が起きることを事前に予測してそれを対処する方法です。

以前に書いたWoopの法則のことです。

sikesike1112.hatenablog.com

 

これをやるうえで一番重要なのは、障害の部分です。

私の場合夜やることで以下のような障害がでてきました。

・夜に飲み会の誘いが来てついつい行ってしまう
・ついつい話し込んでしまった
・夜食を食べて集中できない
・作業をほかの人に中断された

 

対処策

--------------

 

・飲み会の誘いが来た場合について
→集中できる環境や別の場所で作業をする(会社はフリーアドレスです)

・ついつい話し込んでしまった
→夜20時以降は、場所を移って仕事をする。家の作業をする

・夜食を食べて集中できない
→サンドイッチなど食べても軽いものにする

・作業をほかの人に中断された
→メールは見ない。チャットはしない

 


こんな具合でやると、計画を少し立てられるようになりました。
是非、簡単なところから取り組んでみましょう。

 

まとめ
====
実体験をもとに計画が苦手なことを書いてみました。
これを見て一つやってほしいのは、自分が一日に何を何時間かけていたかをメモしてください。
面倒ですが、これを続けていくとあなたのパターンがわかるからです。
そのパターンを見直すことで少しずつ成長していくことができます。
かなり地味な作業なので、嫌気がさしますが失敗しながらぜひ自分なりの方法を身につけてください。

 

明日への一歩
=======
明日の一日の行動を書いてみましょう。千里の道も一歩からです。