読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のやりたい行動・活動を見つけよう!

今の仕事に対して、自信を持てず、行動が起こせなない、続かないと感じている人達に向けています。「コーチング×心理学」を基にして、自分の最もやりたい仕事を見つけれるようなメッセージを残します

やらされている仕事から脱却する2つのポイント

f:id:sikesike1112:20170415124258j:plain

30歳になったとき、何かが変わると思っていました。

 

24歳で就職したとき、東京で働けるかという選択肢の元に職種を選んでいました。
もちろん、お金も重要視していたのでそういった基準で就職先を決めていました。

 

学生時代に自己分析をやってみました。

正直何をやりたいのか、夢とか全く持てなかったんですね。
なので、止めました。

やりがいも感じなかったし、やっていたら面白い事が見つかるのではと考えて
常に何か環境に期待していた部分がありました。

 

それから、6年経ちましたが、部署を動けない状況になっていました。

 

「仕事は、自由度が増えて楽しい。」

 

ただ、5年以上経つと何か不安と欲求がまじりあった感情が出てきます。

 

「このままで大丈夫なのかな?」

「もっと現状を変えたい」

「忙しくて時間がない」

 

やっている行動の目線を変えていく必要があるのではと思っています。
そこで、考えをまとめていました。

 

価値を伝える人になっているか
=====================
あるサラリーマンは口癖のように言いました。

「お客様に感謝されるために、何でもやっている。」

とても重要です。そして

 

このサラリーマンが、残業をバリバリやっていて契約金額を全く売り上げを上げていなかった場合、どうでしょうか?

サポートだけはかなりしっかりしているので、明らかにオーバーサービスをしていました。

 

会社に取って扱いずらい存在ですよね。こんな社員が意外といます。

 

担当が引き継いでもお客様からの評価が下がります。

 

あなたは、社内のことと社外のバランスをきちんととっていますか。

社内への教育という面では、あなたの価値を伝えられる存在になっているか。

 

例えば、「お客様に感謝されるポイント」として全員にノウハウを提供する資料を提供したりできていますか。

 

常に自分のお客様のみを見ていると、いつまで経っても成長が止まってしまいます。

周りへ価値となる教育をできているかということです。

 

そして、お客様への教育も必要です。

何でも手取り足取りサポートをするとその状態から抜け出せません。

いつまでも依存してしまう状態になります。

 

なので、相手への価値を伝える存在になれるように常に意識してアウトプットしていきましょう。

 

自分のなりたい姿を持っているか
=========================
自分が、こうありたいという姿を持っているでしょうか。
ありたい姿を描くためには、自分の強みを知っているでしょうか。

これは、二つの知る方法があります。

 

①自分の過去の経験から見つける

就職活動時代にやった自己分析ですね。過去の自分からの自分史を書いてみましょう。


これは、地味な部分ですが歴史を振り返って書くようにしてみましょう。

書いた後は、フィードバックをもらうような事をして、ほかの人にはない強みというものを発見する事です。

過去の話を思い出すのは、苦労する話です。特に過去にトラウマがある場合は、気持ちが落ちることがあります。

その経験をアウトプットする事で少なくとも、あなたの光る何かが出てきます。

 

②外に出て知る強み

多くの人と話したり仕事をすることで、自分が得意なことや「それすごいね」と言われることがないでしょうか。

私の場合は、場を盛り上げたり明るくすることが得意と言われました。

なんとなくやっている仕事で極端に早かったり、メールの返信が早い場合にすごくこの人は優秀だと感じました。

ここでの知るポイントとしては、以下です。

 

「相手のここにイラっと来る」→「私だったらこうやるのになぁ」

「よく仕事をする人から正直に得意分野を聞いてみる」

 

得意なことが見つかったらそれを言語化してみましょう。伝えられるようにすることで
あなたが相手へ伝えることができます。さらにその得意分野を磨くために以下のようなステップで学習を高めていきましょう!

 

1.「インプットする」
2.「アウトプットする」
3.「フィードバックする」


まとめ
=======
今日は、あなたの価値を高めるための内容を書いてみました。

30歳のサラリーマンは今後どうするかとキャリアを考える時期ではないでしょうか。


キャリアを考えていくうえで、自分の価値を育てていきましょう。

そして、それを伝えられる人間になることで

今の仕事をやらされている人から自分から生み出す人に代わっていけるでしょう。

 

明日への一歩
========
自分の強みを見つけることを書いてみましょう。